1. トップ>
  2. 現場レポート

シニア向けリフォームの記事一覧

長和町のリノベーション

長和町の純和風住宅のリノベーション現場です。
台所と居間をLDKの一つながりにします。

壁には断熱材が入ってましたが、床下や天井らには断熱材が入っていませんでした。
断熱材を床下、壁、天井裏に充填し、断熱性能を高くします。


既存のアルミサッシを撤去し、
断熱性能の高い、樹脂複合サッシに入れ替えていきます。

3 人の方が拍手しました。

長和町のリノベーション 解体

長和町の純和風住宅のリノベーション現場です。
台所8畳と居間8畳和室を解体し、キッチン・ダイニング・リビングを一つながりの広々空間にリノベーションします!



まずは、台所と畳の居間の解体です。
電気・水道・ガスのそれぞれの業者さんに、配管や配線の切り離しをしてもらい、流しなどの器具類も撤去します。
冷蔵庫や食器棚など、お客さんでは重たくて運べないものも、みんなで力を合わせて邪魔にならない場所へ移動します。

8 人の方が拍手しました。

介護改修 トイレの改修

介護保険の住宅改修でトイレの改修をさせて頂きました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改修前は約一畳のスペースに小便器と大便器を設置していた為、大便器に前方に余裕がなく、立ち上がる際に頭が壁に当たってしまいました。

また、段差が6cm程あり、床もタイル床の為すべりやすい状態でした。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

改修内容としては間仕切り壁・小便器を撤去し、今使っている大便器の向きを変え一部屋とすることと、トイレの床を滑りにくい床材に張り替え、段差も解消します。解体は手作業で他の壁を傷つけないよう丁寧に行います。外した便器は綺麗に洗って再度取り付けます。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成がこちらです。もともと引き戸だった為、レールだけフラットなものに交換し出入り口の段差もなくなり出入りが安全になりました。

間仕切り壁、小便器を撤去したことで、便器の手前も十分に空間ができ歩行器での進入も容易になりました。

今回の対象工事項目は

・段差の解消

・手すりの設置

・滑りにくい床材への交換

・便器の向きの変更

です。介護保険適用範囲内での工事でしたので壁や天井、建具は現況のままです。

 

7 人の方が拍手しました。

新築リフォーム家づくりの資料請求はこちら

西沢祐工務店への資料請求はこちら