1. トップ>
  2. 現場レポート

シニア向けリフォームの記事一覧

シニア向けリフォーム『部屋ごとに断熱を』

今の時代、新築であれば家全体を断熱材で覆うことは当然になっています。
しかし、部屋と部屋を仕切る壁の中に断熱材を入れることはあまりありません。
そのため、ある部屋で暖房やクーラーを付けても、熱や冷気が他の部屋に逃げてしまうことになります。
その分光熱費がかかりますし、冬の底冷えの原因になりヒートショックの危険もあります。

お部屋の断熱性を高めるため、私たちのシニア向けリフォームでは既存の壁の上から断熱性のあるプラスターボード(石膏ボード)を貼ります。
和室の京壁の場合でも、上からプラスターボードを貼る。
施工が簡単ですし、その上から透湿クロスや透湿化粧ボードで仕上げれば、室内のイメージも変えられますし室内の調湿もしてくれます。


和室にプラスターボードを貼った様子。
この後クロスで仕上げました。
和室の断熱工事の様子


ふすまで仕切られた部屋であれば、ふすまの唐紙の裏に断熱材を入れます。
障子は意外に断熱性があるので、そのままで良いと思います。


断熱性を高めて頂きたいのは、寝室、普段居ることの多いリビングやキッチン、そして脱衣室とトイレです。
ヒートショック対策として浴室にも断熱材を入れて頂きたい所ですが、水周りはどうしても費用がかかってしまいます。
あまり予算をかけられない方は、お湯をはるときに浴槽のふたを開けておく。脱衣前にシャワーで浴室の床を暖めておく。といったことでもヒートショック対策になると思います。


また、断熱材は隙間なく施工することが大切です。隙間があったら断熱効果は半減します。
しっかりと施工をするとしないととでは、室内の体感気温がまったく変わることもあります。
冬の寒さ、夏の暑さが気になっている方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

担当:西沢榮祐

5 人の方が拍手しました。

シニア向けリフォーム『費用は必要最小限で』

こちらのお宅の天井、表面は古く一部ボロボロの状態ですが、実はシニア向けリフォームを行ってあります。
シニア向けリフォーム天井表面は古いまま

天井裏に断熱材を吹き付けてあるのです。
暖房の熱やクーラーの冷気が、他の部屋に逃げないようにするためです。

部屋ごとに断熱材を入れることは光熱費の節約になりますし、冬場はシニア世代に怖いヒートショック対策になります。
しかし、天井板を壊して断熱材を施工する方法は費用が掛かります。
断熱材を吹き付ける方法なら、天井を壊さず天井裏点検口から可能です。


床には足元から暖まる床暖房が快適ですし、私たちはシニア向けリフォームには必須だと考えています。
下の写真では、床暖房設置工事をした部分はカーペットになっており、していない場所はフローリングのままです。
部屋のスミには床暖房は設置してありません。
足を置くことが少ないからです。
床暖房 部屋の隅にはありません

床暖房 表面には安いカーペット

床暖房の上にはカーペット。カーペットなら足触りがやわらかく、滑りません。
施工も床板より簡単で費用が抑えられます。
じんわりポカポカ暖まる床に直に座ったり、寝っころがることも出来ます。


シニア向けリフォームでは、あまり費用をかけず必要な機能のみを足して快適な住空間にすることが重要。だと考えます。
現役を引退したら年金生活です。リタイア後の金銭面の不安はどなたもお持ちになっています。
また、この歳になって家にお金をかけるなら孫に使う。というシニアの方も多くいらっしゃいます。私もそうですが(笑)

一方で、日々の暮らしは健康で快適に過ごしたいとの思いも強くあります。

部屋ごとの断熱材はヒートショック対策にもなるので必要。
でも目に見える表面がもし汚くても、体に影響はないので手を加えない。

足元から温めてくれる床暖房は冬を快適に過ごすためには絶対必要。
でも部屋の隅は足を置くことが少ないので必要ない。

本当に必要な部分のみを、費用を抑えてリフォームする。
私たちの考えるシニア向けリフォームです。

担当:西沢榮祐

4 人の方が拍手しました。

シニア向けリフォーム『和室』

30年程前に手がけさせて頂いたこちらの住宅の和室は、床かまち(床の間の前端部分)に漆塗りを施し、桐の材木や竹を使うなど、個人のお宅の新築では今ではほとんど見られない、手間をかけて施工したとても思い入れのある和室です。

しかし南に面していて日当たりもとても良のに、現在ではほとんど使っておられないとのこと。

思えば私も齢70を過ぎて、畳の床に座ったり立ったりがしんどくなってきており、今ではイスでくつろぐことが多くなっていました。

こちらのお客様はクラシック音楽をたしなんでおられるため、畳からフローリングにして、イスにゆったり座りながら音楽を楽しめる部屋にすることをご提案いたしました。


畳を取り外した様子。
床下の調査も行いました。
シニア向けリフォーム和室 畳を外した様子

施工中の様子

もともと床下に断熱材は入れてありましたが、今回さらに断熱性能が良い物を新たに施工しました。
もともと床下断熱材はありましたが更に性能の良い物に

これは床暖房です。
歳をとると体が暖まりにくくなり、冬場はつらいものです。
しかしストーブでは足がいつまでも冷たかったり底冷えしたり・・・
足元からポカポカ暖まる床暖房は、シニアの方に快適に過ごしていただくのに、特に必須だと思います。
床暖房


完成いたしました。

完成写真1

完成写真2


この他にも同世代だからこそ分かる、シニアの方向けリフォームのコツや工夫がたくさんあります。
今の住まいにご不満がありましたら、お気軽にご連絡ください。

担当:西沢榮祐

4 人の方が拍手しました。

新築リフォーム家づくりの資料請求はこちら

西沢祐工務店への資料請求はこちら