1. トップ>
  2. 現場レポート

介護改修リフォームの記事一覧

介護改修 手すり設置と段差解消 青木村

青木村で行った介護改修の様子です。

玄関は段差が高く、出入りが大変だということで、段差の解消を行いました。
【工事前】
玄関の段差の解消工事前



【完成写真】
しっかりと安定する台を設置。玄関の出入りがとても楽になったと喜んでいただけました。
玄関にしっかりとした足場を設置


室内は各所に手すりを設置しました。

キッチンに入る廊下の手すり
【工事前】
キッチン前の廊下。手すり設置前



【完成写真】
ちょうど良い高さを測り、手すりを設置しました。
また、ドアも開け閉めしやすいタイプのものに付け替えを行いました。
手すり設置後写真。ドアも小さな力で開け閉めしやすいタイプに付け替え


その他の手すりの完成写真です。
廊下の手すり

浴室に設置した手すり

外にも設置しました


手すりは、ちょうど良い高さであることと、しっかりと安定していて安心して体重をかけられることが大事です。
使う方の立場にたった施工を心がけています。
設置工事の様子

3 人の方が拍手しました。

介護改修あれこれ

介護保険を利用した住宅改修の施工例です。

介護保険の住宅改修の対象となる工事は主に以下の工事です。

・手すりの設置

・段差の解消

・床・通路面を滑りにくい材料へ変更

・扉の交換

・和式便器から洋式便器への交換等です。

今回は段差の解消と床材の変更の施工例をご紹介いたします。

 

段差の解消についてはスロープだけではなく、利用する方の身体の状態に合わせ、段差を低くする為新しく段差を設けることもあります。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

玄関からのアプローチ 勾配的にはスロープも可能ですが、つま先が上がりづらかったり一歩が踏み出しにくい等身体の状態に合わせて

このような低めの階段を設け、段鼻部分にはタイルで色を付け段差を視覚でも確認できるようにします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

cimg0301

このくらいの段差と階段の奥行がありますと、車いすの場合でも自走や介助も無理なく段差を超えることができます。

 

床材の変更

昔のモザイクタイルは見た目は華やかでかわいらしいですが、表面がとても滑りやすいです。

1

 

 

 

 

 

床材の変更は主に滑りやすい床材から防滑性のある床材への変更の工事が対象となります。

既存のタイルをきれいにはがし、滑りにくく、冷えにくいタイル材を張り直しました。

cimg0091 cimg0101 cimg0103

 

 

 

 

 

 

手すり以外にもこのような工事も介護改修として行うことができます。もちろんすべてが対象になるわけではございませんので、

担当ケアマネージャーさんや私共にお気軽にご相談ください。

7 人の方が拍手しました。

手すりの設置 介護改修

上田市で介護改修の工事を行い、玄関とトイレに手すりを設置しました。

関連記事「手すりは金具が大事

ディンプルとは、滑りにくくする窪みのことです。
横向きの手すりにはディンプル無しを、縦に設置する手すりにはディンプル有りの手すりにしました。
介護改修の施工前 トイレ

玄関に手すりを設置するにあたり、郵便受けは移動させました。
手すり設置前 玄関

手すりを設置する高さは重要なので、綿密に測ります。
メジャーで綿密に高さを測ります

完成写真 トイレ
手すり設置完成写真 トイレ 

完成写真 玄関
介護改修完成写真 玄関

3 人の方が拍手しました。

1 2 3 4 5 6 8

新築リフォーム家づくりの資料請求はこちら

西沢祐工務店への資料請求はこちら