1. トップ>
  2. 現場レポート

シニア向けリフォーム『費用は必要最小限で』

こちらのお宅の天井、表面は古く一部ボロボロの状態ですが、実はシニア向けリフォームを行ってあります。
シニア向けリフォーム天井表面は古いまま

天井裏に断熱材を吹き付けてあるのです。
暖房の熱やクーラーの冷気が、他の部屋に逃げないようにするためです。

部屋ごとに断熱材を入れることは光熱費の節約になりますし、冬場はシニア世代に怖いヒートショック対策になります。
しかし、天井板を壊して断熱材を施工する方法は費用が掛かります。
断熱材を吹き付ける方法なら、天井を壊さず天井裏点検口から可能です。


床には足元から暖まる床暖房が快適ですし、私たちはシニア向けリフォームには必須だと考えています。
下の写真では、床暖房設置工事をした部分はカーペットになっており、していない場所はフローリングのままです。
部屋のスミには床暖房は設置してありません。
足を置くことが少ないからです。
床暖房 部屋の隅にはありません

床暖房 表面には安いカーペット

床暖房の上にはカーペット。カーペットなら足触りがやわらかく、滑りません。
施工も床板より簡単で費用が抑えられます。
じんわりポカポカ暖まる床に直に座ったり、寝っころがることも出来ます。


シニア向けリフォームでは、あまり費用をかけず必要な機能のみを足して快適な住空間にすることが重要。だと考えます。
現役を引退したら年金生活です。リタイア後の金銭面の不安はどなたもお持ちになっています。
また、この歳になって家にお金をかけるなら孫に使う。というシニアの方も多くいらっしゃいます。私もそうですが(笑)

一方で、日々の暮らしは健康で快適に過ごしたいとの思いも強くあります。

部屋ごとの断熱材はヒートショック対策にもなるので必要。
でも目に見える表面がもし汚くても、体に影響はないので手を加えない。

足元から温めてくれる床暖房は冬を快適に過ごすためには絶対必要。
でも部屋の隅は足を置くことが少ないので必要ない。

本当に必要な部分のみを、費用を抑えてリフォームする。
私たちの考えるシニア向けリフォームです。

担当:西沢榮祐

5 人の方が拍手しました。

この記事へのコメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

新築リフォーム家づくりの資料請求はこちら

西沢祐工務店への資料請求はこちら