1. トップ>
  2. お客様の声

上田市NA様(新築・注文住宅)メールをいただきました。

この度、立派な家を建てて頂き、ありがとうございました。

 思い返せば、昨年6月 群馬県高崎市に住んでいた私は、長男であることと長女の就職に合わせて上田へ帰るに際して、上田市の建築業者を探しておりました。そんな折に、母親が「近所にとても評判の良い工務店がある。後々の事を考えれば近所が一番」と言う事で御社の門を叩きました。

何でも遠慮なく?言うかわりに やることもきちんとやってくれる西沢さん、
田中さんのゆったりペースは当初、戸惑いもありましたが、慣れてくれば大工さんにもきっちりと意見を言うし、芯が一本通ったしっかりとした女性だと判りました。お陰で、家の中の細かい造作など女性ならではの気遣いで、素人の私などでは思いつかないところまで細やかに対応していただきました。

 県外に居住していたために現場での打ち合わせも週末とメール等でしか対処できず、非常にご迷惑をおかけしたことかと思っております。お茶入れ等は不要とのお話でしたが、実家の母親に頼んではおきましたので至らない点も多々あったかと思っております。また、厳寒の時期での作業 大変きつかったのではないでしょうか。
 それにしても御社の職人さんは いずれの皆さんも「挨拶、掃除、スピーディーな対処」と3拍子揃っていました。これは御社の方針なのでしょうか?協力業者さんに至るまで浸透していると感じました。

 完成した家は、よくあんな狭い土地に大きな家が建てられたものだと私たち家族は無論、近所や親戚・知人等の評判も上々です。現在は高崎まで新幹線通勤のため朝早く、夜が遅い生活ですが、毎日、早く帰って家を味わいたいために上田駅からの帰路、ついついアクセルを強く踏んでしまいます。それと漆喰の壁とWB工法のおかげなのか、ゆっくり良く眠れる気がします。

最後に、我が家の建設にかかわっていただいた全ての皆様に感謝申し上げます。今後とも末永くよろしくお願いします。

上田市 O様(新築・注文住宅)

お孫さんと一緒に



■ お住み心地はいかがでしょうか。

WB工法で建てていただきまして、暖かいですし、 木が多く使われているのでとても落ち着きます。

■ このお家をお建てになる際に、こだわった点はございますか。

リビングを広くし、なおかつ家全体は広く大きくなりすぎないように 使いやすく、ということでお願いしました。
ただ、リビングが広すぎて少し暖房効率が悪い感じがしますので、仕切りをつけていただこうとご相談していますが(笑)

(担当者)小さなお孫さんがおられるということで、健康的に過ごせる家を、ということに特に気を配りました。

■ 工事の仕方など、なにかご不満な点はございましたか。

とても良くやっていただきまして、特に苦労したこともありませんし、不満な点もありませんでした。

(担当者)この質問はまた後でじっくりお聞きするということで・・・・(笑)

■ 当社への今後のご要望などはございますか。

これからもよろしくお付き合いを(笑)

■ これからお家を建てようとお考えの方へのアドバイスなどを頂きたいのですが。

施工会社とよく話をして、希望をしっかりと伝えて、より良い家にしてください。

ありがとうございました。

 
外観リビングお施主様ご自身で作製のウッドデッキ お施主様お気に入りの庭園

上田市S様(新築・注文住宅)-お手紙を頂きました

穏やかな大晦日です。短いようで長かった一年が終わろうとしています。
この一年、西沢さんはじめ我が家の家造りに関わってくださったすべての方々にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

友人の何気ない一言から西沢さんを知ることとなり、 土地探しの段階からわがままな私たちのよき相談者としてたくさんのご助言をいただきながら、 何とかこの暖かい新しい家で新年を迎えようとしています。

昨年の今頃は「この先、どんな風になっていくのだろう」と不安と期待の入り混じった気持ちでいっぱいでした。
今年の元旦、初詣に行く途中の電車の窓から、私たちの購入した土地が見えて 「来年の今頃はここで暮らしているのかなあ~~」なんてボンヤリと眺めていたのを思い出します。
あれから一年、本当にいろんなことがあってそのすべてが自分達の脳裏に深く刻まれています。

寒い寒い2月、雨のふり出した中で地鎮祭・・・・ 桜の咲くころに上棟祭・・・・それから長い長い私たちの日々でした。
「塗装をする」と自分たちで言い出したにもかかわらず、何でこんなに大変なことやっているんだろうと 投げ出したくなった事もありました。
大工さんとのやり取りの中で、私たちの思っていることをうまく伝えられず 家に帰る車の中で泣いたこともありました。

毎週、休日は現場に行かない週はないくらいによく通いました。苦しかったです・・・(泣)。
でも、それだけ自分たちの思いをいっぱいいっぱい詰め込んだ分、 今は「いい家ができたなあ」と心から思える家で暮らすことができています。

西沢さんから最初に言われた『家は造るもの』という言葉を今改めて噛み締めています。
これから家を建てる多くの人が、こんな気持ちで家造りができることを願わずにはいられません。
わがままな施主に困られたことも多くあったと思いますが、こうして最後まで面倒を見ていただいて 本当に感謝、感謝です。

私たち夫婦は二人とも地元の人間ではないので、どこを終の棲家にするのか どんな風に老後を暮らしていくのか、二人で何度も何度も話し合いました。
有料老人ホームで暮らすことも考えました。
しかし、やっぱり家を持とうと決心してからも考えは行きつ戻りつしていました。
財産を持っても後に伝える人もいないのに・・・と思いながら悲しくなったこともあります。

でもこうして暮らしてみて、やはり自分たちの選択は間違っていなかったんだと思うことができます。
そして西沢さんのおかげでたくさんの人ともお知り合いになることができました。
この出会いを大切にしていきたいです。
親も親戚も近くにいない私たちですので、この出会いが本当にありがたかったです。
いつまでも、いつまでも仲良くお付き合いさせてください。よろしくお願いいたします。

このメールを西沢さんが読まれるころは年が明けているかもしれませんが 今年のうちにどうしてもお礼を言っておきたくて、そしてこれからもよろしくお願いしますとお伝えしたくて この時間に書きました。
長い文章になってしまい、申し訳ありません。
お伝えしたいことはまだまだたくさんあるのですが、うまく文章に表現できません。すみません。

年明けにお時間がありましたら、我が家へお酒を持って(笑)いらしてください。
西沢さんやお仲間の方たちのお話を肴に宴会をしましょう!!待っています・・・♪~~♪~~。

穏やかなお正月になりそうですが、来年はどんな一年になるでしょうか。
健康で一生懸命仕事ができて、また楽しみもそこそこあって・・・というような ささやかな幸せを感じられるような一年であればと願っています。

西沢さん、会社の皆様、本当に一年間ありがとうございました。
来年もそしてこれからもずっとずっと末永くよろしくお願いいたします。

新築リフォーム家づくりの資料請求はこちら

西沢祐工務店への資料請求はこちら