めぐり逢いそしてめぐり会い

西沢が、地域の風景、遊び、近況をお伝えします

犀川と連れ添っている国道19号を走ると、七二会という地名があります。「なにあい」と読みます。

いつもあちこち寄り道をしている私ですが、七二会には立ち寄ったことがありませんでした。
そんなわけで、信州新町にある現場からの帰り、七二会の山中に入って行きました。

七二会支所の上の方に行きますと急な田があり、稲刈りをしていました。
今年初めて見た稲刈りです。
長野市七二会写真1

長野市七二会写真2

結構な山の中です。見晴らしが良いです。
このような場所での稲作、大変なことだと思いました。


途中、雰囲気のあるお宮があったのでパチリ。
きれいに手入れされていました。しかし近くに人家はありませんでした。
長野市七二会写真3

長野市七二会写真4

1人の方が拍手しました。



いなかの原風景 写真1

田舎の原風景 写真2

上田市⇒青木村⇒麻績村⇒松本へ、約二か月通いましたが、田舎の原風景がとても心の安らぎを覚えるようになりました。

車を停めて、しばらくなんともいえない心が落ち着く風景を眺める・・・
それを楽しむ歳になったのですかね。

2 人の方が拍手しました。



久方ぶりの七夕飾り

お隣の家で数十年ぶりに七夕飾り。
私家は大人になりすぎて、飾る話は出ましたが実現しませんでした。

久方ぶりのご近所の七夕、とてもうれしく新鮮に感じました。

赤ちゃん元気に育って、大人になりすぎた私たちとぜひ遊んで欲しいです。

2 人の方が拍手しました。



私は昭和38年から、長野市の学校に遊びに行っていました。(勉強は不得意のため)
その学校には鬼無里村の方が数人いました。
寮生活だったため仲良くなり、鬼無里村やお隣の小川村のことなど、話を聞いてよく知ることとなりました。

先日あるお客様から、鬼無里村の中古住宅を売ってほしいと頼まれ、家を見に行ってきました。
一時間ほど仕事をし、さぁ帰るかとなりましたが、ただ来た道を戻ってもつまらない。
そこで、昔同級生から聞いた場所や地名、久しぶりに見学をしました。

18歳頃、鬼無里村に住み込みで6か月くらい働いて、家づくりをしていたこともあり、10代の頃の思い出とめぐり会いを楽しんできました。

今は人口も少ないと思いますが、力いっぱい生活している方々の姿を見て、私も元気をもらって帰ってきました。

鬼無里との縁写真1

鬼無里との縁写真2

教わって一番興味深かった地名の一つ、東京。(ひがしきょう、と読むようです。)
他に西京という地名もあります。
鬼無里の東京

鬼無里の東京2

鬼無里との縁写真5


長野市鬼無里の中古住宅、YOUハウジングでご紹介中です。
>>YOUハウジングはこちら

4 人の方が拍手しました。



私の入院していた時に知り合った方からお電話あり。
信州サーモンとイワナを売っているので食べに来いとのご命令。
そんなわけで穂高へ行ってきました。

魚は大変おいしく、信州サーモンを刺身で、イワナは塩焼きで頂きました。

写真1

写真2

帰りは私の悪いクセというか、あちこちフラフラ寄り道です。
あまりにもアルプスが綺麗だったのです。

写真3

写真4

穂高から大町へ行き、明科へ出て帰りました。

途中、10年くらい前に出会った、えびす様と大黒様に立ち寄りました。
最初は田んぼにまつられている道祖神様かと思いました。
しかしよく見たら、大黒様とえびす様。
久しぶりにお会いできました。

こんなめぐり逢いがうれしいですね。

写真5

写真6

写真7

2 人の方が拍手しました。



1 2 3 4 5 6 27