Archive for the '住まいのこと' Category

これから夏真っ盛りになる時期、皆様いかがお過ごしでしょうか。

これから来るであろう茹だるような暑さに気が重くなりますがしかし、夏が過ぎれば秋になり、冬が来ます。
ということで一足(二足?)早く、冬を快適に過ごすためのアイテム、床暖房のススメ。です。

私は年を重ねるごとに、足が寒く感じてきました。
「冷え」を放置すると、免疫力が低下して肌荒れや便秘、重度になると胃潰瘍や糖尿病の一因にもなり、低体温になるとガン細胞が活発に増殖すると言われているようです。

しかし一般的なヒーターやストーブでは、部屋は暖かくなるけど足元が寒い。
そのため、床からじんわりと暖める床暖房が良いと思います。
足元から暖かくなり、絶対に暮らしやすくなります。

床暖房は、遠赤外線が体の温点を程よく刺激し、床面よりじかに伝わる効果で床から天井までほぼ一定の温度となります。
また、部屋の中で火を燃やしたり、温風が出たり、うるさい音がすることがないので、とても安全で快適です。

床暖房には、電熱パネルを床下に敷き電気で暖める電気式と、ガスや灯油で暖めた温水を循環させる温水式の二種類ががあります。

電気式は電気を使っているので、感電防止のため床の上に水などをこぼさない注意が必要です。
また温水式は循環液が蒸発するので、数年に一度補充する必要があります。
3000円~5000円かかります。

ランニングコストは条件によりますが、電気式なら月2万円ぐらいからになるでしょうか。
温水式の灯油であれば月6000円~10000円ほどだと思います。

電気であればエアコンのほうが電気代は安いですが、快適さでは圧倒的に床暖房だと思います。

また、古いお宅だと、床下に断熱材が入っていない場合が多くあります。
当然断熱材が無いと非効率ですので、床暖房の設置時に床下断熱材も隙間無く設置します。


暑さが厳しくなるこの時期に、床暖房の準備を始めて、寒くなると同時にポカポカ快適生活、いかがでしょうか。




2 人の方が拍手しました。



私は今、子供が独立し、みんな家を出て、夫婦二人だけの生活をしています。
そして70才を過ぎて、自宅の「かたり室」での、近所の集まりをしています。

「かたり室」はもともと、無垢の床を貼った一室でした。
夫婦二人だけの生活になったため、部屋が余り無駄なスペースとなり、掃除も大変。
そのため床を無くして土間にし、土足のまま気軽に上がることが出来る空間にしました。

そこにテーブルを置き、友人知人が家庭の味の漬物やつまみ、お酒やドリンクを持ち寄り、みんなでワイワイ語りあいます。


人口が減ってきている昨今、設計について考え直すことが必要と感じています。
将来子供が自立することを考えたら、大きい家はいらない。しかし子供がいるうちは、それなりの部屋数が必要。

また、年を取って出かける場所がなくなっというご年配の人。
定年後仕事をやめたら、家から出ることが少なくなり、人との交流が減ったという話も聞きます。

一つの考えが、家の一部屋ないし二部屋を土間にする「かたり室」です。

一人暮らしの老人、子供たちが自立して夫婦二人だけの生活の人
他者と語り合いをするということは、良い影響になっていると思います。
「かたり室」は、私にとっても貴重な時間となり、楽しんでいますし、
年を重ねても夢やロマンを語り合う空間の大切さを感じています。


仮にまだ数十年先であっても、退職後やお子さんの独立後のことを考え、その時に友人や近所の人や、趣味の仲間が遊びに来てくれ、土足で気軽に上り込めるような「かたり室」等を想像して、住まいの設計が出来たら、
一生の家が出来るような気がします。

4 人の方が拍手しました。



6月

15

飛騨高山の家具を体験したく、沙織さんと行ってきました。

家具ひとつひとつを見ても、時の流れと共に進化していました。

そして私のような老年の方が食事をするとき、ラクに楽しめるテーブル、イスがありました。

何十年、もしかしたら100年、いつまでも使えるような木の家具がありました。

若くても年をとっても、快適に使える家具、今後、お客様に良いご提案ができればと思います。

高山家具 写真1

高山家具 写真2

高山家具 写真3

高山家具 写真4

高山家具 写真5

高山家具 写真6

高山家具 写真7

高山家具 写真8

高山家具 写真9

高山家具 写真10

4 人の方が拍手しました。



2月

24

海老束(えびづか)の写真

先日、妻の父が作った海老束が出てきました。
「えびづか」と読みます。
床の間の違い棚に使います。
(下の写真の赤丸部分)
和室の床の間のここ部分がえび束

今まで、数軒のお宅に使用しました。
しかしここ数年、和室等に違い棚を造ることはなくなってしまいました。

この海老束、中の球が動きます。
すべて手造りで彫った、とても良いものです。
えび束の中の球横にすると中の球は動きます

この海老束を使った床の間、和室、造りませんか?

和室は障子の張り替えが大変だとのお声を頂くことがありますが、最近はプラスチックの障子がありますので、頻繁な張り替えは必要ありません。

この海老束を差し上げますので、私に床の間を造らせてください。
ご連絡お待ちしています。

4 人の方が拍手しました。



最近、あるリフォームのご依頼を頂いたお客様のお宅を見て驚きました。

クロス貼りの台所の壁が、ほとんど汚れていません。
二十数年暮らされているのに、家の台所のクロスの壁が裏側にカビもなく、こんなに綺麗な住宅は見たことがありませんでした。

どうしてこんなに綺麗か、打ち合わせに伺った時などに見させて頂くと、台所仕事の後、食事の後、窓を開けておられる。
おそらく寒い冬でもそうなさっているのでしょう、脱衣室、お風呂場、全ての窓の通気が良いのです。

私は、通気性の悪さによる壁やサッシ周りのカビ、汚れを防ぐために、床や壁や天井に無垢材を使い、漆喰を使って来ました。
しかし普段、家に居る方はこまめに窓を開けて通気を良くすれば、家はきれいに保たれることを知りました。

このような暮らし方をなさっている方には、色々なデザインをご提案できますね。
ただ、ほとんどの家は昼間はお仕事などでお出かけのため、毎日はなかなか難しいでしょうか。

家を傷めず長持ちさせるために、こまめに窓を開ける。家に居られる時にはなさってみて下さい。

10 人の方が拍手しました。