介護保険による住宅改修支援

介護保険による介護認定を受けておられる方は、住宅改修の際一定範囲の費用を、18万円を限度に介護保険から支給してもらうことが出来ます。

さらに高齢者の方で、一定の基準を満たされた方は、68万円まで支給される制度もあります。
住宅の介護改修をお考えの方はご活用ください。

◆介護改修リフォームの施工事例はこちら


費用が支給される住宅改修は以下のようなものです。

1、手すりの取り付け
当社では、その部屋のデザインに合い、さわり心地なども考慮した手すりを、お客様の高さに合わせて設置いたします
2、段差の解消
段差を削る、または傾斜の角度が気にならないスロープの設置を行います
3、床または通路面の材料の変更
クッションフロア、コルクタイルなど、滑りにくい材質に取り替えます
4、引き戸等への扉の取替え
オーダー建具、持ち手の大きな握りやすい取っ手、力が不要な扉などに取り替えます
5、洋式便器等への便器の取替え
操作やお掃除がなるべく簡単なものをお奨めしています
6、その他1~5の住宅改修に付帯して必要な住宅改修
 
介護改修トイレ写真 寝室へのトイレ取り付け例
寝室へトイレを取り付ける場合、特に消臭性能の高いものをお奨めしています。

たとえばこんな介護改修を

足が不自由で車椅子での生活。夜のトイレも不安な時。
車椅子の介護改修

外へ直接出入り出来る、引き戸のハンガードア。
他の人の手を借りずに、車椅子でも簡単に開け閉めが出来ます。

トイレの便器は消臭機能付きで、においません。
床にはビニール系の素材を使用し、汚れてもすぐに拭く事が出来ます。

暖房は床暖房が良いと思います。
床、天井は暖房等が少しで住むように施工します。

トイレの設置費用は20万円前後です。
便器は貸し出しも可能です。
トイレの撤去は40分くらいできれいに出来ます。

◆介護リフォームの施工事例はこちら



新築リフォーム家づくりの資料請求はこちら

西沢祐工務店への資料請求はこちら