東城

代表取締役
東城 芳春


現在の住宅建築は京都に見られる老舗旅館などとは異なり、過酷な生活の中で働き、手に入れたマイホームの寿命はせいぜい30年といわれます。

それも長い住宅ローンを組んで、完成する頃には価値が残るのは土地のみで建物には一銭の値打ちも無くなってしまいます。

その責任の大半は、家という「商品」を提供する住宅産業の側にあります。

日本の住宅産業は敗戦で焼け野原になった状態から一軒一軒建てていった驕りからいまだに抜け切れておらず、長い年月に耐えられ心安らぐ本当に「価値」あるものを提供していません。

「住まい」が実際に住まう人にとって役に立ち、価値を持ち続けるものであるためには、お客様の心がわかる「匠」が求められるようになり、西沢祐工務店はそうした「作り手」の集団です。

業者本位だった住宅産業を「お客様本位」に転換し、より価値のある「家づくり」を目指します。

どんな事でも、お話をいただけたら幸いです。

新築リフォーム家づくりの資料請求はこちら

西沢祐工務店への資料請求はこちら